文化

Hoi An旧市街-世界文化遺産

16世紀後半から19世紀まで、塘中の繁栄貿易港の一つであるHoi Anは、市販の旅の西東の国際貿易の中心だと言われました。日本、中国、ポルトガル、スペイン、オランダ…からの商船は商品の交換、売買にここに来ます。






続きを読みます

ベトナムハウス 空間

ヴィナハウススペースとはベトナム人の旧家工事18家及び他建築工事15件を含む空間を復元して展示しています。ここに来ると、観光客は面白い文化的空間に感じられます。200年前に建てられた柱108本ある家屋






続きを読みます

Tra Kieu首都

Tra Kieu はCham王国の一番古い首都(4世紀から11世紀まで)です。シムハプラ(ライオン城)という別名もあります。ブラッドマン王朝に建てられました。Tra Kieu首都は堅塁、城壁などで囲まれて






続きを読みます

Ba Cho Duoc廟

Ba Cho Duoc廟は面積が144m2で、Truong Giang側の隣に位置されています。Ba Cho Duocとの女神がここで礼拝されています。地元の人々の病気を治す為に薬を提供した女の人です。この女の人の工夫を表彰するように第16目のタンタイ王が名称を賞与しました。 住所: Binh Trieu村落、Thang Binh県。Hoi An市から35km、Tam Ky市から30km、Da Nang市から55km 離れいます。 活動: – 遺跡の観光、研究 – 旧暦1月11日にBa Cho Duoc 廟のお祭りに参加;お祭りの礼式及び民間ゲームの観覧;地元の食べ物の楽しみ。

続きを読みます

Dong Duong寺院

これはChamパー王国の仏教センターで、インドラバルマンII世の時代の875年に建設されました。科学研究や考古の資料によると、ドンユォンはChamパー仏教建築を初め、東南アジア地域でもっとも代表的な遺跡です。ここでは、西から東にかけて、修道院や王朝を守る菩薩の寺院などが1330メートルの長さ配置されます。その中で、寺院区は四角の形に位置し、長さは300メートル、広さは240メートルです。戦争・災害で崩壊されたので、Sáng タワーのゲートだけ残しました。Dong Duong寺院の殆どの彫刻作品はDa Nang・チャンパ彫刻博物館に展覧されています。 活動: – 遺跡、Sang タワーのゲートの観光。 – チャンパ仏教の建築についての研究

続きを読みます

Phan Chau Trinh 記憶家愛国名人である

Phan Chau Trinh様が小さい時から成長の時まで住んでいた所です。Phan Chau Trinh様は1872年に生まれて、戦争において敢闘した長い間の後、1926年にサイゴンで死んでしまいました。彼は「ズイタン」の活動イニシエータとして、愛国精神及び民即的な権限の為の敢闘に対する強い意志を代表的な名人です。記憶家は古い建築のスタイルに従って作られ、内部は三つの区及び二つの部屋を含む複数の空間に分割されます。屋根は陰陽瓦で葺かれています。記憶家は細かくて綺麗に彫刻され、内部のお土産や写真などの飾り品が合理的に配置されました。 活動: – 記憶家の観光 – Phan Chau Trinh名人の生活・事業について研究

続きを読みます

Van Thanh – Khong廟

孔子の崇拝神社で、ここで儒教について教育を行いました。300年前に建てられた特別な芸能・建築・文化・歴史の遺跡と言われています。前堂、後堂、鐘堂、太鼓のお堂、橋屋2本、Quang Namの人々の伝統的な家、蓮の湖に沿う橋、タムクアン門。観光客は木材での細かく彫刻、門、前堂、後堂、鐘堂、太鼓のお堂などで特別な飾りの美しさを楽しむことができます。 住所: Phan Boi Chau通、Tân Thạnh街区、Tam Ky市。Hoi An市から50 km 、Da Nang市から70 km離れています。 活動: – 線香付け、観光 -木材での彫刻芸能についての研究 – 旧暦1月、7月に元宵節の詩の祭り、バイチョイ歌、民間ゲーム等の民間的文化祭が開催されます。

続きを読みます

Cam Doiモニュメント

アメリカ兵との戦争の時、Que Son 県が支配されました。但し、1972/07/29に、ベトナム部隊は地方の人々とともにカムゾイに駐留する米軍を攻撃しました。ここもアメリカ兵との戦争の時犠牲となったヒーローと烈士を思慕する場所になっています。 住所: Đong Phuタウン、Que Son県。Hoi An市から40km、Tam Ky市から50km、Da Nang市から55km 離れいます。 活動: – モニュメントの観光 – 文化公園、湖、26/3広場の観光 – Que Son 県の兵士・人民の勝利についての研究。

続きを読みます