ホイアンはアジアの観光客向けの理想的なスポットです。

「ホイアン、多文化のベトナムの一つ」のテーマーで、イタリアの3大日刊全国紙であるラ・スタンパ(La Stampa)はホイアン市についての長い紹介記事を観光のコラムに掲載し、2015年のアジアの観光客向けの理想的なスポットだと言明しました。

ホアイ川沿いの町はかつて16-17世紀の重要な貿易港として栄えたと紹介した後に、東アジアと西洋の文化交流の特徴がホイアンで真剣に保存されているのは観光客に対して忘れられない魅力です。
ラ・スタンパ(La Stampa)はこう書いた:「緻密で独特な彫刻があるきれいな家は観光客に好奇心をもたせ、それは瓦の屋根、家の門口から見える木製の柱、不幸なことに遭わないように見守る物などです。東アジアの文化に興味がある方ならホイアンをお薦めします。ホイアンはお寺、橋、中国風建築やベトナム風建築の旧家など全部あるからです。西洋に繋がる特徴を探したい方はフランス風建築が見つけられます。」
記事のには、イタリア人観光客はホイアンに行って、ここで行われる祭を楽しむことができると書いてあります。その中には毎月旧暦十四日に行われるランタンフェスティバルがあり、その日の夜はそれぞれの家・お店・町全体にランタンがライトアップされ、キラキラしています。
ここから離れた観光客は文化のみならず、伝統的な食べ物などの面白い飲食体験も出来るとこの新聞は強調しました。ラ・スタンパ(La Stampa)はホイアンでの値段が妥当的なお店、喫茶店、ホテルの住所をイタリア人観光客に紹介しました。
近頃、イタリアや他の国の新聞はベトナムを観光客向けの理想的な観光スポットとしてよく紹介しています。過去一年間でLa RepubblicaやLa Stampaや旅行新聞であるイタリア語版のDoveとConde Nast Travellerはベトナムの各地、例えばSapa、Ha Long湾、メコン川デルタ、Hoi Anについて書いていました。
1月にローマで開催されたベトナム観光促進セミナーで発表した統計数字によると2013年にベトナムを訪問した国際観光客数7百万人の中でイタリア人観光客数は5万人占めました。

元リンク: http://www.lastampa.it/2015/03/27/societa/viaggi/destinazioni/nel-mondo/hoi-an-il-vietnam-multiculturale-xijfmVnEia373DrLOJzChI/pagina.html